2010年01月31日

普天間、5月末までに結論=名護市長選「民意の表れ」−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は25日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設受け入れの是非が最大の争点となった同県名護市長選で、移設に反対する新人の稲嶺進氏が勝利したことに関し、「選挙の結果は名護市民の一つの民意の表れだ」と語った。一方、普天間移設問題に関しては「ゼロベースでこの問題を国が責任を持って5月末までに結論を出すとしているわけだから、そのことは必ず履行する」と強調した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
「基地検討委の結果待つ」と沖縄知事=宜野湾市長「県外移設に弾み」
宮崎市長に戸敷正氏が初当選
平野官房長官の発言

「報道統制」の声 民主「検察リーク好ましくない」(産経新聞)
<普天間移設>辺野古の可能性低い 沖縄県知事(毎日新聞)
<リコール>シャープの両開き式冷蔵庫97万台 扉が落下(毎日新聞)
【新・関西笑談】火を噴くアーティスト(2)現代美術作家 ヤノベケンジさん(産経新聞)
石川容疑者の同期議員ら結成 「考える会」活動停止(産経新聞)
posted by タケイ カツユキ at 06:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。