2010年04月22日

徳之島案、県連に説明=官房長官(時事通信)

 民主党の打越明司衆院議員(比例九州)は16日午後、国会内で平野博文官房長官と会い、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「検討状況を鹿児島県連に説明してほしい」と要請した。同氏の地元は、普天間の基地機能の移転先として政府が検討している同県の徳之島を含む。平野長官は「分かった」と応じた。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

にぎり千貫できる?明石でも珍しい巨大ヒラメ(読売新聞)
あいりちゃん事件、広島高裁が鑑定請求却下(読売新聞)
「アイ・ウォント・マネー!」コンビニ強盗未遂でアメリカ人を再逮捕 (産経新聞)
<JR福知山線脱線>歴代3社長、強制起訴前に聴取せず(毎日新聞)
拉致逮捕状撤回求めず=よど号メンバー「解決に協力」−訪朝支援者に表明(時事通信)
posted by タケイ カツユキ at 14:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。