2010年06月04日

鳩山首相、続投に決意=「今後も命懸けで取り組む」―普天間問題(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は28日夜、首相官邸で記者会見し、米軍普天間飛行場移設への対処方針決定について「思い描いていた抜本的な負担軽減に比べれば、最初の小さな一歩、半歩にすぎない」と述べた。また、首相は「この一歩を一つの出発点として基地問題解決に取り組み続けることが使命だ。今後も命懸けで取り組む」と続投の決意を示した。
 移設先に関しては、「沖縄県民の理解を得られなかった。福島瑞穂消費者・少子化担当相を罷免せざるを得ない事態で閣議決定に至り、誠に申し訳ない」と陳謝した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜

普天間 県内移設 怒る沖縄「首相うそ」「予想通り」(産経新聞)
“女子力”に自信が「ある」人と「ない」人、その理由(Business Media 誠)
最後の吉原芸者、みな子さん死去(時事通信)
口蹄疫特措法成立(産経新聞)
まず姿勢を低く、頭保護=大地震時、火の始末は次に―避難行動で報告書・文科省(時事通信)
posted by タケイ カツユキ at 09:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。